眼精疲労・視力について
HOME > 眼精疲労・視力について > あなたは疲れ目?それとも眼精疲労?

頭痛や肩こり、様々な眼精疲労の症状

あなたの眼精疲労、放っておくと大変なことに…。

長時間の目の酷使による疲労が蓄積されると、目が乾く・ピントが合わせづらい・目に異物感があるなどの症状が現れると言われています。
この症状は、一般的に眼精疲労と呼ばれます。しかし、一口に眼精疲労といってもその症状は様々。先に述べた目の異常だけでなく、肩こりや頭痛、不眠、神経症につながることもあるようです。
こちらでは、眼精疲労からくる症状と、眼精疲労の原因、対処法などを掲載いたしました。眼精疲労を予防し、健やかな瞳を保つためにも、ぜひご一読ください。

疲れ目からくる症状

眼精疲労から神経症へ-怖い悪循環

眼精疲労からくる症状は、目のかすみや乾燥、異物感といったものから、だるさ・不眠・イライラ・肩こり・頭痛など様々です。しかし、そうした困った症状よりもさらに大きな影響が出るのが神経であると言われています。
目が疲れて、「今日はパソコン作業や本を読みたくないな」と思ったことはありませんか?目の疲れを感じて、仕事を切り上げて目を休められるのなら良いのですが、仕事となればそうもいかないもの。
そうして溜まったストレスが神経に影響を与え、神経症を引き起こすことも。また、個々まで極端な例でなくとも、眼精疲労からくる、腹痛や頭痛だと気づかず に不安を抱える方や、眼精疲労による慢性的な頭痛に悩まされている方の神経にも多大なストレスがかかっていると思われます。

重要なのは、眼精疲労の原因をどこまで軽減できるか、そして早めに治療を受けられるかどうか、ということです。
眼精疲労の症状はあなたの心がけ次第で、防止・治療することができるのです。

目の過労を避けるために

眼精疲労の原因は、目の酷使。目を酷使する原因を知って、日常生活や仕事の中で予防策をとれば、眼精疲労はかなり軽減することができます。

  1. 読み書きをする際は、最低40cmの距離を置いて、行うようにしましょう。
  2. 机・椅子の高さが体に合っていないと、疲れ目の原因となる場合があります。
  3. 読み書きを行う際は、明るさに気をつけましょう。暗いだけでなく、明るすぎる直射日光の下でも目は疲れます。
  4. 椅子には正しい姿勢で、背筋が曲がっていたり、目がディスプレイに近づきすぎるのは疲れ目の原因。
  5. パソコンなどでの作業を行う場合は1時間ごとに10~15分ほど休憩をとって目を休ませます。
パソコンに向かう正しい姿勢

ディスプレイやキーボードは目の位置より下にくるようにしましょう。
目線より上に来ると、眼球と空気の触れる面積が広くなり、目が乾きやすくなります。
特に、椅子は背中のカーブに沿ったものを選んで、正しい姿勢を保ちましょう。照明は目にやさしい白熱灯がおすすめです。

ドライアイになると、眼球に酸素や栄養が供給されなくなったり、細菌やゴミによる感染を防ぐことができなくなるため注意が必要です。

製品へのお問い合せはこちら

お問い合せ・資料請求フォームはこちら


COPYRIGHTING © WOC CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.