眼精疲労・視力について
HOME > 眼精疲労・視力について > 近視・遠視・乱視について

近視・遠視・乱視について

「眼球」はボールのように、丸い形をした器官です。目の表面には、「水晶体」と呼ばれるレンズの役割をするものがあり、この「水晶体」を「毛様筋」 と呼ばれる筋肉が上下から支えています。この「毛様筋」が収縮することにで、「水晶体」の厚みが変わり、近くのもの・遠くのものへのピントを合わせます。

私たちの目が見えるのに必要なのは、まず第一に光。外界の光を目が受け、的確に光から受ける情報を処理することで、「目が見える」といえるのです。

外からの光は、まず目の表面の「角膜」を通って、眼の中に入ります。その後、「水晶体」によってピントが合わせられ、眼球の中を満たす硝子体と呼ばれるゲル状の物質をすり抜け、カメラでいうところのフィルムの役割をする、「網膜」に映像として映し出されます。

その映像を、今度は眼の後方から出ている「視神経」という神経が、刺激として脳に伝えます。この刺激が脳に伝わって初めて、私たちは今何を見ているかを認識できるのです。

「正常なものの見え方」

目の構造でお話したように、外界からの光(風景)が正確に見えるためには、目の中の「水晶体」によって、しっかりとピントを調節する必要があります。
つまり、事物と目までの距離、さらに網膜までの距離を目がしっかりと測り、毛様筋を収縮させてピントを合わせている状態が、正常なものの見方といえます。

「近視」

近視は、正常なものの見え方に不可欠な毛様筋が、固まってしまい起こります。
毛様筋が収縮すると、水晶体は厚くなり近くのものを網膜に映し出すようピントを合わせます。
この状態がずっと続き、習慣化してしまうと、遠方の風景も近いところに合わせたピントで見なければならず、網膜まで外界の映像が届かないためものが見えづらくなります。これが近視の起こる仕組みです。

「遠視」

遠視では、近視の逆の作用が起こります。 今度は毛様筋が弛緩し、水晶体が薄くなります。 薄くなった水晶体は遠方にピントを合わせるため、近くの風景は網膜のさらに奥でピントを合わせられることになるため、ものが見えにくくなります。

「乱視」

レンズである水晶体のカーブのかかり方が、左右で異なると乱視になります。
通常は、左右対称である水晶体は、外界からの光の焦点をひとつの定まった場所で結ぶことが可能ですが、左右が非対称になってしまった場合、ピントがぼけてしまいものがぼやけたり、何重にも重なって見えてしまいます。

「老眼」

若いうちは、毛様筋が収縮・弛緩を繰り返して目のピントを合わせることができますが、年を取るにつれて毛様筋の働きが低下したり、水晶体が硬化してしまうことによって、近い場所のピントがあわせられなくなるのが、老眼です。
老眼はよく、遠視と混同されますが、遠視は習慣的なものであり、一方老眼は機能の低下によるものですので、両者は全く別の症状ということができます。

また、老眼の発症する時期は人によって異なり、早い人は30代で老眼となることがあります。
また、俗に近視の人は老眼にならないといわれていますが、これは間違い。
近眼の人は、普段から近くを見るのに慣れているため、老眼の症状を自覚するのが遅くなるため、老眼にならないと思われているのです。

製品へのお問い合せはこちら

お問い合せ・資料請求フォームはこちら


COPYRIGHTING © WOC CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.