眼精疲労・視力について
HOME > 眼精疲労・視力について > 眼精疲労を治療するには

眼精疲労を治療するには

眼精疲労は治すことが可能です。

目の疲れを慢性的に感じる、目の奥が痛く肩こりや頭痛がひどい、視力が急に落ちたなどの症状を抱えている場合は、眼精疲労の恐れがあります。まずはお近くの眼科、クリニック、治療室へ通い、正しい診断を受けましょう。
眼科・クリニックなどでは、眼精疲労の分析、VDT健診、適切な屈折矯正の提供など、具体的な改善方法の相談に乗ってもらうことができます。
また、ワックの眼科医療機器を導入している眼科もご紹介しておりますので、ご参考ください。ワックの製品を導入している眼科一覧はこちら

治療を受けるには

眼精疲労を訴える方が治療法を受ける場合には、眼科やクリニック・治療室での正しい診察が必要です。
しかるべき施設で、目の乾き具合や、眼球の痛み、視力の変化などを調べ、治療の必要があると認められた場合に、受診することができます。

このような方はすぐに眼精疲労治療を

眼精疲労の自覚症状で、目の充血・痛み・視力低下・まぶたの異物感やピクピクとした痙攣、目の疲れからくると思われる首や頭の痛み・頭痛・ストレスなどでお悩みの方は、眼精疲労治療を行っている眼科・クリニックへの通院をおすすめします。
また、眼精疲労の治療は年齢によっても変わってまいります。

※治療や個人的に行う対処として最も大事なことは、目の疲れを長引かせないこと。症状が現れる前に予防策をとることが一番の対処法です。目を酷使する状況を避け、十分な睡眠をとり、疲れを感じたらすぐに治療を行うことをおすすめします。

眼精疲労の検査・治療

D-5000
スコープ越しにきれいなハウステンボスの立体風景が見え、この立体風景を5分間見るのと、遠くの景色を長時間見るのと同じ効果があると言われています。これを“遠方順応”と呼び、凝り固まった毛様体筋を休ませて疲れをほぐすことが可能です。
ドライアイ検査
眼精疲労の原因のひとつとして、ドライアイが挙げられます。
ドライアイの検査として、涙の主成分である、油層・水層・ムチン層のうち、油層の鏡面反射を撮影することで、ドライアイの進行具合を測定します。
製品へのお問い合せはこちら

お問い合せ・資料請求フォームはこちら


COPYRIGHTING © WOC CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.