製品情報
HOME > 製品情報 > 両眼開放定屈折近点計“D’ACOMO”

両眼開放定屈折近点計“D’ACOMO”

両眼開放定屈折近点計“D’ACOMO”
ワック独自の理論で精度の高い近点測定が可能!

人の目がどれだけ近くまで明視できるかを測定して、正常な人のもつ平均的な調節力年齢曲線と比較することを近点測定と呼びます。
この近点測定は、VDT症候群、眼精疲労の測定や、眼鏡・コンタクトレンズの過矯正判定などの際に必要とされ、オフィスなどでのOA機器の普及が一般的と なった現在最もニーズが高まっている検査のひとつです。両眼会報式屈折近点計“D’ACOMO”はこの近点測定を簡単な操作で、高精度の測定結果を出せる 製品として開発されました。

仕様  
寸法 W250×H340×W650mm
重量 12.2kg

近点(調節)測定の意義

近点測定は、眼精疲労(偽近視など)や老視の判定に大変重要です。 OA機器の普及や、産業界の発展によりVDT作業者や近業者の眼精疲労や近視化が問題視されるのに伴い、近点計測は注目されてきました。また、通産省や専門医からの意見もあり、調節測定の必要性が強調されたことから、現在は産業界での近点測定導入事例が増えています。

近点測定が必要とされる場合

LASIK・PRK(乱視・近視・遠視などの矯正手術)手術前後、さらにコンタクトレンズの処方の前後には、近点測定が必要とされています。 本器は年齢層によって「目の年齢」として測定結果を表示します。LASIK・コンタクトレンズ・眼鏡処方時に予定される矯正レンズにて近点を測定し、年齢通りの測定結果であれば安心して手術、処方が行えます。また、術後の近点測定により過矯正、未矯正の程度や、老視の年齢予測も可能です。

手術(処方)前
視標は+3.00D(雲霧)から±0.00D~-1.00D(調節安静位)の間を前後移動しますので、近くに順応した調節を自然に遠くへ順応させます。
手術(処方)後
近点測定で年齢通りか、それより若く測定されれば安心です。もし過矯正でも、今後の老視眼鏡年齢予告もでき、患者様にもご安心いただけます。

※老視眼鏡の明視域が判定できますので、作業内容に応じた眼鏡処方ができます。
※使いこなせるまでの指導、屈折と調節の基本勉強と使用練習を直接サービスいたします。

4つの理論が精度、再現性を高めます。(両眼3分程)

LASIK・PRK(乱視・近視・遠視などの矯正手術)手術前後、さらにコンタクトレンズの処方の前後には、近点測定が必要とされています。 本器は年齢層によって「目の年齢」として測定結果を表示します。LASIK・コンタクトレンズ・眼鏡処方時に予定される矯正レンズにて近点を測定し、年齢通りの測定結果であれば安心して手術、処方が行えます。また、術後の近点測定により過矯正、未矯正の程度や、老視の年齢予測も可能です。

  1. 定屈折(D/sec)で視標が移動
    ワック独自のラセン溝で視標は近づくにつれスピードダウンします。
    そのため近方(20~5cm)で移動する視標に調節が素直に追随します。
  2. 両眼開放のままで片眼だけの測定が可能
    物の奥行きや動きは両眼視でなければ正確に認識できません。
  3. 明視野で実視標を見せる
    暗視野の視標やBadal系視標では距離感がつかみにくいという欠点がありました。
    しかし、“D’ACOMO”は透明ドームの中を実視標が移動するので自然視に最も近い条件を作り出すことが可能です。
  4. 赤黄緑指標
    自覚的なボヤケを多覚的に近い方法でチェックします。
    黄色十字で測定し、赤がボヤけ、青が鮮明であれば正常です。遠用(5m視力表)のレッド/グリーンはとは別物というべき精度・条件を実現いたしました。

※新たに年齢目盛(age scale)がセットされました。精度に自信があるからこその装備です。
被検者の年令と年令目盛との比較で簡単に診断ができます。

測定方法 通常は黄十時を注視させて行うだけで十分です(赤、緑十字は確認時に使用してください)。
記録・判定方法 専用の記録カード(年令曲線、cm、D、年令目盛)に印を入れるだけです(アナログ式で判定が簡単)。
連結近点測定の場合 本器ではバラツキが少なく再現性が良いので3~5回の測定で十分です。自動記録装置も不要です。(精度0.25~0.50D)
製品へのお問い合せはこちら

お問い合せ・資料請求フォームはこちら


COPYRIGHTING © WOC CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.